米国CIAのフェニックス作戦

  • 2017.09.10 Sunday
  • 12:42
フェニックス作戦

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E4%BD%9C%E6%88%A6

フェニックス作戦(英語: Phoenix Program)とは、ベトナム戦争時にCIAの主導によりベトナム民族解放戦線(ヴェトコン)相手に行われた無力化作戦のことである。
概要 フェニックス作戦の参加者達
1968年から1971年にかけて、米軍SOG部隊とCIAに訓練されたベトナム現地人PRU(地域偵察隊)の手によって実行された。作戦の責任者はCIAの工作員であるウィリアム・コルビー。
SOG部隊はネイビー・シールズ隊員を主にグリーンベレーの隊員なども参加した。PRUの隊員はおよそ4,000人ほどで、元ヴェトコンや元南ベトナム陸軍の兵士、カオダイ教徒の民兵やCIDG計画に参加した山岳民族などが所属していた。また、彼らはアメリカからM16自動小銃やM60機関銃といった武器の提供を受けた[1]。

戦果 フェニックス作戦はアメリカCIAの主導するCORDS(民間工作・都市開発支援)計画のひとつだったが、約7万人のヴェトコンやヴェトコンを支持するベトナム市民がこの作戦によって殺害[2]された[3]。


題材にした作品 『特殊部隊 フェニックス作戦』 エリック・ヘルム 著 ISBN 4-89063-030-9
『栄光の男たち―コルビー元CIA長官回顧録』ウィリアム・E.コルビー 著、大前正臣、山岡清二 訳
脚注
1^ A Retrospective on Counterinsurgency Operations
2^ 英語の原文では”neutrize”(中立化)。暗殺ではなく、処刑、長期捕虜など「無害化」することを言う。
3^ Seymour, Hersh (December 15, 2003). “Moving Targets”. The New Yorker 2013年11月20日閲覧。.


外部リンク
globalsecurity - Phoenix 1967-1971

震災中のテクノロジー犯罪被害

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 01:41
被害者の方で関西と東北にお住まいの方にお聞きしたいのですが、阪神・淡路大震災、東日本大震災の時、被害が途切れたり弱まった方はいらっしゃいますか?

新しい人権。

  • 2017.07.28 Friday
  • 15:08
※NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークからのメールより
↓↓↓


第10回フォーラムで大沼安史さんからのメッセージを紹介致しましたが、その中で
氏は英国ガーディアン紙に掲載された「新しい人権」に付いて言及されていました。
以下がその下りです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――

いま、紹介しました英国の『ガーディアン』紙は、アメリカでも発行され、全世界的
にネットで読まれている、世界で最も影響力のある新聞です。いま、モスクワに亡命
している、あのスノーデンさんのことでも、いち早く、詳細に報道し、世界の世論を
リードしている、いわば国際社会の「言論のトリデ」のような新聞ですが、半月ほど
前、4月の28日付けで、こんな報道をしています。スイスのバーゼル大やチュー
リッヒ大の研究者・弁護士が、国際学術誌で、「人びとを、思考内容など脳情報の
〈窃盗・乱用・ハッキング(theft, abuse and hacking)〉から守る、新たな人権の
確立」を提唱した、というのです。「脳波モニタリング・脳刺激は、プライバシーや
個人の自由の侵害にもなる」!――というのです。これはつまり、日本ばかりか世界
各地で横行する「電磁波拷問・マインドコントロール」を「犯罪化」する、新しい人
権概念が、ついに提唱されたということです。これは画期的なことです。少しだけ、
この「人権概念」について説明させていただきますと、次の4本柱から成っているそ
うです。



    ・ 認知の自由(cognitive liberty)(感覚を他人に操作されない権利)



    ・ 精神のプライバシー(mental privacy)(精神を冒されない権利)



    ・ 精神の健全(mental integrity)(精神をバラバラにされない権利



    ・ 心理の持続(psychological continuity)(心を自分で維持する権利)

 

この「4つの権利」を手にしていくことは、取りも直さず、わたしたちが「負けずに
生きる」ことの目標である、と言うことができるしょう。「新しい基本的人権――4
つの権利」を獲得していくことは、わたしたち被害者に与えられた「時代の使命」で
あるとも言えるような気がします。わたしたちはひとりひとり、それぞれ被害に耐え
ているのですが、それは世界の人びと全員にとって重要な「新しい人権」の確立のた
めにあることなのです。スイスの学者の方々がなぜ「精神の自由」とか「精神のプラ
イバシー」を守る必要性を提唱しているかというと、わたしたちは「マインドコント
ロール」の時代を生きているからです。わたしたちが受けている被害は、そのように
遠隔操作されたマインドコントロール被害の側面を持っています。マインドコント
ロールで他者に「思い込まされ、動かされる」。そういうことがあり得る、電磁波ハ
イテク状況に生きているわけです。」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――

ガーディアン紙原文

https://www.theguardian.com/science/2017/apr/26/new-human-rights-to-protect-against-mind-hacking-and-brain-data-theft-proposed



このような世界に通用する見識を持っていくことが重要です。


※以上

テクノロジー犯罪とは。

  • 2017.07.27 Thursday
  • 23:58
日本でこういうことが起きています。

サイコトロニクス=BCI(ブレイン・コンピューター・インターフェース)に日本人が繋がれ、意識や身体が行動修正、プログラミングされています。それによって、人間関係や家系(婚姻、出産、死亡)、職業など、操作されています。自殺、病気、怪我、事故などが引き起こされ、それらを装って暗殺されています。V2Kやエレクトロニック・ハラスメントを伴った拷問やマインド・コントロールにさらされている被害者も多く存在しています。

また、思考盗聴=RNM(リモート・ニューラル・モニタリング)をされ、アイデアの搾取や不都合な人間の監視に使われています。

サイコトロニクス=BCIや思考盗聴の使用を監視・規制、エレクトロニック・ハラスメントを取り締まる法律の制定など、一刻も早くこの問題を解決しなければなりません。


大切にしたいこと。

  • 2017.07.23 Sunday
  • 22:45
この犯罪にはマインド・コントロールがつきまといます。犯罪解決に向けて活動することは大切ですが、精神を守る為にご自身の好きなこと、やりたい事も大切にしてください。そんな余裕がないと仰るかもしれませんが、それでもご自身の気持ちを大切にしてください。

頑張っていきましょう。

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM